HOMEアクセスお問い合わせ
創業に必要なスキルを取得するために、ビジネスの専門相談員が無料個別相談でサポートします。一定以上の期間・回数の個別相談を受け、豊島区が証明書を発行することで創業に関する以下の優遇措置を受けることができます!
ご利用対象者 ・豊島区内で創業する方
・創業後5年未満の方
詳細・ご利用方法 特定創業支援事業のご案内」をご覧ください。
●優遇措置●

① 法人設立時の登録免許半額になります
法人設立(または法人化)の際に納める税金「登録免許税」が半額になります。対象は株式・合同・合資・合名会社です。
※例えば株式会社設立時には、最低でも150,000円の登録免許税が必要ですが、半額の75,000円となります。
  なお、合同・合資・合名会社については平成28年度登記分から優遇措置の対象となります。

② 新創業融資(日本政策金融公庫)の融資要件緩和されます
日本政策金融公庫の「新創業融資」を利用する場合の、自己資金要件が免除になります。
※新創業融資(無担保・無保証人)詳細:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

③ 新規開業支援資金(日本政策金融公庫)の貸付利率引き下げられます
日本政策金融公庫の「新規開業支援資金」について、貸付利率の引き下げ対象として同資金を利用することができます。(別途審査を受ける必要があります。)
※新規開業支援資金詳細:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/01_sinkikaigyou_m.html

④ 東京都の創業融資の金利優遇されます
東京都の創業融資について、特例措置として金利が0.4%優遇されます。
※東京都制度融資詳細:http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/list/

⑤ 創業関連保証の申込要件緩和されます
創業関連保証枠を利用した融資について、通常なら事業開始2ヵ月前から申込みのところ、前倒しして6ヵ月前から申込みが可能となります。

⑥ 国や東京都の創業に関する補助金・助成事業申請することができます
国が取り扱う「創業・事業承継補助金」や、東京都及び東京都中小企業振興公社が取り扱う「創業助成事業」は、国・東京都が指定する創業支援(豊島区の特定創業支援事業を含む)を受けた方が対象となります。(平成29年度現在)
※詳細は各実施主体にお問い合わせください。


■〒171-8422 東京都豊島区南池袋2-45-1 豊島区庁舎7F   豊島区文化商工部生活産業課商工グループ⇒MAP  ■TEL/03‐5992‐7022
■FAX/03‐5992‐7023  ■ご利用時間/月~金 9:30~16:30(祝日、年末年始を除く) 
Copyright(c)2016 Toshima Support Center for Business. All rights reserved.
  |HOME起業支援(初めての方へ)起業相談スタッフ|セミナー・商談会・その他イベント|女性起業家支援
特定創業支援(お得に起業)起業家紹介ブログ・フェイスブックサイトポリシー | 個人情報の取り扱い |